BCネットワークは,アメリカ認定の非営利団体です。 日米両国に在住の日本人女性達に乳がんに関する最新の情報 、乳がん治療後の生活の取り組み、乳がん早期発見、 啓発情報発信を押し進めていく非営利団体です。 Knowledge is power.  正しい知識は患者自身の力、支えになると信じて活動しています

『医師と患者で一緒に考えよう!』

〜ひとりひとりの乳がん個別化治療〜
〜医師も患者も一緒 de ウイッグショー〜

会費
1000円
時間
13:00〜16:30
会場
昭和大学病院江東豊洲病院 9階講堂(東京都江東区豊洲5-1-38)

東京メトロ有楽町線 豊洲駅 会場交通アクセス

豊洲駅近辺図

第1部:『医師と患者で一緒に考えよう』

ナビゲーター
明石 定子医師(昭和大学乳腺外科准教授) 『個別化治療:乳がん告知後の検査と手術の選択』
講 演
勝俣 範之医師(日本医科大学・腫瘍内科教授) 『腫瘍内科医の役割:共に悩み、そして共に闘う』
講 演
高野 利実医師(虎の門病院・臨床腫瘍内科部長) 『希望を持って、がんと向き合う HBM のすすめ』

参加型デイスカション(ナビゲーター:明石定子医師)

勝俣範之医師、高野利実医師、高橋裕恵さん、佐崎和子さん、山本眞基子、会場の参加者さん

患者トーク者:高橋裕恵さん
再発乳がん患者さん・ピンクリボンクラブひたちで活動

 経験者トーク:佐崎和子さん
乳がん患者さん・メンタルスパ共同代表(患者さん同志で話あう会)
 


参加型デイスカションについて
医師と患者・経験者が、『乳がん治療を完治するという目的』を共有して考え方、意見や質問を交わせる企画です。全てのイベント参加者さんに随時質問して、意見を言ってもらうことができます。

注釈をつけます

第2部:『医師と患者で一緒にウイッグショー』

司会:曽我千春さん


参加者モデル:3名:参加者さんの中でウイッグモデルを2名探しています。
試してみたいなと思われる方は、info@bcnetwork.org まで、お写真と共にご連絡ください。