BCネットワークは,アメリカ認定の非営利団体です。 日米両国に在住の日本人女性達に乳がんに関する最新の情報 、乳がん治療後の生活の取り組み、乳がん早期発見、 啓発情報発信を押し進めていく非営利団体です。 Knowledge is power.  正しい知識は患者自身の力、支えになると信じて活動しています

Mission and Program
設立の目的と活動内容

Mission and Program

設立の目的:

Mission:  
日本国内でだけでなく、アメリカ在住の日本人女性においても乳がん患者は、年々増加の傾向にあります。特に20歳代から40歳代は、人生の中で変動の多いときであり、仕事を持つ、子育て中など多忙で自分のことを後回しにしがちな年代です。そんな時期に乳がんになり、海外生活における医療システムの相違・言葉の問題・子供への精神的なケアー・将来の家族計画等の悩みを抱えながら病気に立ち向かっていかなければなりません。BCネットワークは、それらの悩みを真に受け止め応えられる様努めていきたいと思っています。

活動内容

Program
BCネットワークは、30歳代で乳がんを経験したニューヨーク近辺在住の日本人女性により設立されました。日米両国の乳癌治療に携わる医師の協力を得て、乳がん経験者と患者さんだけでなく、若い日本人女性に対して乳がんや健康について重要な情報を発していく事を目的に日米両国で活動しているNPO法人です。

◎おもな活動
1) 経験者による乳がん治療や、医療機関の情報提供

2) 乳がん早期発見促進のための啓発活動


◎活動の方法
1) 相談者に乳がん経験者を紹介する。運営メンバーが新規患者さんに経験者として相談にのる。(アメリカのみ)

2) 乳がん治療や薬に関する新しい情報を、登録メンバーに日本語Eニュースで定期的に発信する

3) 乳がん経験者のためのサポートランチミーテイング(日米両国)

4) 乳がん専門医による日本語での講演セミナー開催(日米両国)





Medical Advisory Members
医師アドバイザー

Medical Advisory Members

医療従事者アドバイザー



Freya Schnabel, MD
(乳腺外科NYU Cancer Institute, Director of Breast Surgery & Professor of Surgery)

Medical Advisory Members


Adora Fou, MD
(乳腺外科Breast Surgery & Breast Disease, The Westchester Medical Group of Rye, New York)


Roshini George, DO
(腫瘍内科 Medical Oncologist, Summit Medical Group in New Jersey)

Dawn Hershman, MD
(腫瘍内科 Professor of Medicine and Epidemiology, Columbia University, Medical Center)

ABC order


土井卓子先生 
(湘南記念病院 かまくら乳がセンター長)


山内英子先生 
(聖路加国際病院ブレストセンター 乳腺外科部長)


宮下麻子さん(米国登録栄養士)
















Advisory Members
運営メンバー

運営メンバー

  • USA
    • 山本 眞基子  ( Founder, President)
    • Nancy Miwa  (Director of New Initiatives in US)
    • Rie Watanabe (一般事務)
  • JAPAN
    • 村瀬アミ(日本統括)


































Honorary Advisory Members
名誉アドバイザー

名誉アドバイザー

櫻井 信子 
( Wife of Ambassador of Consulate General of Japan in New York and Japan Society President, Motoatsu Sakurai )

夫が商社マンからNYの総領事に転職したお蔭で私はいろいろな方を出会うことができましたが、BCネットワークの山本さんはその中でも最も私が尊敬する方です。ご自身の経験から日本の若い女性の乳がんへの啓蒙を高める活動を本当に献身的に進めておられる姿に脱帽です。長女が婦人科系の病気で3度も手術をしたこともあって、このような活動には個人的にも感心があったのですが、BCネットワークの催しは重たいテーマにもかかわらず、学ぶこと、いろいろな人を出会えること、音楽などを楽しむことなどプログラムの多様性に心を強く惹かれます。この会が今後も益々発展されることを祈ります。   


久下 香織子
(フジサンケイインターナショナル ニューヨーク支局アナウンサー)



仲本光一先生
(外務省医務官)
当方がBCネットワークの代表である山本眞基子さんに最初にお会いしたのは、2005年の秋だったと思います。ニューデリーから転勤したばかりの当方でしたが、ニューヨークには活発な活動をしている日本人サバイバーがいらっしゃっていることを強烈に印象づける出会いでした。山本さんは、ご自身の体験を通じて、患者を支援する活動に加わっていましたが、ご自身が中心になり団体を立ち上げるたいとの意向をお持ちで、総領事館に相談に来られました。当方としては、全面的に協力させていただくとその場でお約束させていただきました。以後、BCネットワークの活動はめざましく、NYの啓蒙団体としてトップを走っているものと認識しています。その活動の場は、日本にも広がり、2009年から日本国内でのシンポジウムも開催しています。今回、アドバイザーとして加わらせていいただくことは、大変光栄であり、今後とも出来る限りの支援をさせていただきたいと思っています。


吉田常孝先生
(外務省医務官)

Supporters
運営協力サポーター

協力サポーター個人・企業

村井容子さん(料理教室主催・パール工房主催)